チームのためなら捨て身の覚悟
元気印のニューカマー

profile

橋口 里菜
アソシエイト

限られた条件の中でお客様の理想を叶える

私がお客様のところへ一人で打ち合わせに行くようになったのはここ数カ月のことです。
それまでは1年間、先輩の補佐としてずっと同行していました。
それが今では資材の発注や納期の管理、見積もりや予算の管理などすべてを自分で受け持ち、お客さんや大工さんと話しながら理想の家づくりを一緒に考えられるまでになりました。
限られた予算と工期の中でどれだけお施主さんの願いを叶えられるか。
そこが腕の見せどころです。

もう二度と間違えない!初の受注で学んだ大失敗

思い出すと恥ずかしくてたまらないんですが、入社して初めて受注した案件でとんでもない失敗をしてしまいました。
見積書に原価を書いてお客様に提出してしまったんです。
つまり、自社の利益はゼロ。
それでも、上司からは「教えてなかったから仕方ないね。次からは失敗せんけん良かったたい」とやさしい言葉をかけて頂いたんです。
それからはもう絶対に間違えない、と原価や利益の仕組みをしっかり叩き込みました。

VISION 「することノート」で確実に当たり前の事を当たり前にやる

一人立ちした今、もともと先輩が担当していたお客様を引き継ぎました。
古くから取引が続いていたり、定期的に発注をくださるお客様が多く、その信頼を守るためには「言われたことを確実にする」「当たり前のことを当たり前にする」を徹底しています。
社内の管理システムもあるんですが、私は「することノート」をつくって毎日、朝昼夕に一つずつチェックしています。
もしもノートがなくなったら、何もできなくなりそう(笑)

楽しければうまくいくからみんなを笑顔にしたい

いつも、みんなと仲良くなりたいって思っているんです。
相手を笑顔にしてみんなが楽しく過ごせる職場にしたい。
楽しくしていたら絶対に仕事もうまくいくだろうなって思うから。
ここの職場では、お互いにフォローをし合う関係が醸成されているから、未経験で入社しても心配はありませんでした。
今度は後輩たちが入ってきた時に「橋口さんがいるから安心」と言ってもらえるくらい、頼りにされるのが目標です。

OTHER INTERVIEW LTUの仲間をチェックしよう!

  • 皆木 康裕
  • 橋口 里菜
  • 新郷 竜也
  • 太田 優子
  • 野方 康平